個人情報の保護及び情報公開体制

個人情報の保護及び情報公開体制

一般社団法人菊池観光協会(以下、当協会と表記)は、業務遂行上、様々な形で個人情報を取り扱っております。これらの情報は当協会にとって、大変重要な情報資産であり、その個人情報を確実に保護することは、当協会の重要な社会的責務と認識しております。よって当協会は、個人情報保護に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守し、個人情報を正確かつ誠実に取り扱うため、以下に掲げた事項を常に念頭に置き、お客さまの個人情報保護に万全を尽くしてまいります。

1.個人情報の保護方針及び情報公開体制

(1)個人情報の「取得・利用」

当協会は、指定管理者事業に付随する業務において適切な個人情報の取得、利用及び提供を行います。
ア.個人情報の取得、利用にあたっては、当協会のサービスとしてのご案内等の各種情報提供等、必要な範囲内とし、その利用目的を通知または公表し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)はいたしません。また、目的外利用を行わないために、適切な管理措置を講じます。
イ.当協会は、法令に基づく場合、人命・財産の保護が必要な場合、公的機関への協力が必要な場合等、正当な理由があり、やむを得ない場合を除き、お客様若しくは職員本人の同意を得ない限り、取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

(2)個人情報の「保管」

個人情報の取得および取得した個人情報の管理にあたっては、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えい等の防止並びに是正を確実・適正に実施し、安全かつ適切に管理・保護します。また、取得した個人情報は、必要な保存期間を経て、最終的に廃棄を行います。廃棄は、個人情報の区分、媒体の種類に応じて、定められた廃棄方法により行ない、外部への流出を防止します。

(3)個人情報の「提供」

ご提供頂いた個人情報は、ご本人の承諾なく第三者に提供することはございません。ただし、次の場合に限り、個人情報を提供することがあります。
ア.裁判所や警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合
イ.人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必性がある場合

(4)個人情報の「開示請求等への対応」

お客様若しくは職員本人から、ご自身に関する問い合わせや苦情、情報の開示、訂正、削除等のご依頼があった場合は、ご請求者が本人であることを確認させていただいた上で、特別な理由のない限り対応いたします。
ア.受付方法
開示等のご請求は、郵送による文書でのお申し出で行うことができます。電話による口頭でのご請求は原則としてお受けしておりません。ただし、電話により口頭でご請求する旨を告げた後、開示等請求書を提出して頂く場合はこの限りではございません。
イ.本人確認方法について
(ア)本人確認書類の送付を受ける方法
(イ)本人確認書類の送付を本人から受けるとともに、これらの写しに記された本人の住所あてに文書を書留郵便により送付する方法
▪本人確認書類:運転免許証、旅券(パスポート)、写真付き住民基本台帳カード、健康保険 の被保険者証又は外国人登録者証の写し及び住民票の写し。
※お客様から上記以外の方法による本人確認の希望があった場合、当協会は、その方法が本人確認方法として適切であると判断した場合は、当該方法によって、本人確認を行います。

2.個人情報保護に関する表示

当協会ホームページにて個人情報保護に関する方針を公開し周知徹底してまいります。