菊池温泉は別名「乙女の肌」と言われています

菊池温泉は昭和29年に湧出し、自然の湯を100%使った温泉は、湯量豊富で無色透明・アルカリ性。その肌に優しく柔らかい泉質は源泉45度の温度を常に保ち、美容・神経痛・リウマチなどに効能があります。

別名「美肌の湯」「化粧の湯」と呼ばれるほど肌ざわりがよく、女性をはじめ多くの観光客に親しまれています。

現在は、町中を流れている築地井手を一部復元した水辺空間や、洒落た店舗等も整備し、歴史的町並みづくりへの取組みも行っています。