菊池一族と刀剣について

菊池一族とは

菊池一族は、平安時代の後半から戦国時代の頃(1070年~1532年)まで約450年もの間、菊池地方を中心に栄えた武士の一族です。

最盛期には、九州一円に影響力を及ぼすほどの勢力を持った菊池一族。西郷隆盛は、菊池一族の末裔の一人と伝えられています。

菊池一族の歴史については「菊池市役所特設ページ」をご覧ください。

菊池一族の大きな魅力とは

菊池一族の大きな魅力は、なんと言ってもその誠実さが挙げられます。代々朝廷の忠臣として奮闘し、たとえ不利な立場になったとしてもその信念を覆すことはなく、一途に志を貫き通したのでした。

菊池一族をわかりやすく紹介!「公式サイト菊池一族」をご覧ください。

菊池一族を支えた刀鍛冶「延寿 えんじゅ」

菊池武房公(10代目)は、京都から延寿鍛冶を菊池に招きました。その後、菊池一族の抱え刀工として活躍し多くの名刀が誕生しました。

近年の刀剣ブームにより有名になった「同田貫 どうだぬき」も、延寿派の末流とされ、多くの刀剣ファンが菊池に足を運んでくださっています。

菊池一族と延寿鍛冶については「公式サイト」をご覧ください。

菊池一族の遺した息吹を感じながら菊池の街歩き

菊池市内に点在する菊池一族の足跡を巡りながら、今の菊池の街を歩いてみませんか?

菊池市内に点在する菊池一族の足跡のうち32箇所を厳選し、スマホ片手にお好きなタイミングで楽しめるウォークラリーをご案内します。

菊池一族ウォークラリーについて(菊池一族公式サイトより)