めぐる・体験

菊池一族ゆかりのお寺「円通寺」について

熊本県菊池市は南北朝時代に活躍した豪族「菊池一族」のゆかりの地。
菊池市内には、菊池一族の史跡がたくさんあります。
菊池一族の遺した息吹を感じながら菊池の街歩きをお楽しみいただき、集めたポイント数に応じてオリジナルグッズをプレゼントがもらえます。

感じる、菊池一族の軌跡~菊池一族ウォークラリー|菊池一族 (kikuchi.lg.jp)

さて、今回ご紹介するこちらのお寺「円通寺」は菊池一族初代当主「菊池則隆公」が1071年に建立したものといわれています。

菊池市旭志地区にひっそりと静かにたたずむお寺。

↓菊池一族についてはこちら

菊池一族の出自 | www.city.kikuchi.lg.jp

↓初代「菊池則隆公」についてはこちら
初代 菊池則隆|www.city.kikuchi.lg.jp

円通寺は「菊池三十三観音 」の9番札所でもあります
}菊池三十三観音 札所巡礼ガイドhigonote.net

まず円通寺に行って目にするもの・・・
それは、やっぱりこの「石門」!!!

唐風なデザインが特徴的です。

もともと円通寺は824年に山城の国(京都府)に建てられたお寺でしたが、時を経て衰微していたこのお寺を、初代「菊池則隆公」が勅許をえて、菊池市に移したものとのこと。

菊池一族の厚い信仰の中心として繁栄しましたが、一族の衰退とともに寺院も衰えました。今の石門は、江戸時代に建てられたもので、県指定の重要文化財に指定されています。

そして中に入っていくと「岩本八十八観音」の看板が。
1900年、本堂裏の屏風岩に88カ所の修行道が区民によりつくられ、近年はシャクナゲ園も整備され参拝に供している。

現在は危険で、回ってみることは難しいようですが、八十八カ所、ここだけで観音像があるスポットなんです。また別の機会に、まわったりできればご紹介したいと思います。

そして、次に目にするのが、池?!こちらは「宝池」として石門と同時代に整備されたもの。そして「円通寺史跡公園」の石碑が。

写真は4月頃の写真のため咲いておりませんが、例年、7月上旬頃には蓮が咲きます。

そして、奥に進んでみると・・・
階段、その先には「円通寺本堂」が見えてきました!

菊池一族ゆかりの寺ということで、菊池一族の家紋「並び鷹の羽」が入っています。

観音堂の横にはこのようなものが↓↓↓

1993年の異常気象により、被害を受けた本堂は再建されており、再建記念の石碑とのこと。

石門横にも「石門修復記念碑」という石碑があります。
2000年に、台風、地震、交通量の増加などにより石門が傷んでしまいましたが、熊本県、旭志村(当時)、岩本区により修復されています。

今でもこうして綺麗な姿を見れるのは、地区の方々を中心に、地域で大切に守ってきたからだと思うと、感慨深いです。
菊池市の歴史・文化財を紹介します|www.city.kikuchi.lg.jp

石壁の文字

観音堂の後ろの石壁にも注目!!
ちょっと隠れていますが、石壁には何やら文字が…

これは「大悲」とかかれてあります。

だい‐ひ【大悲】とは?
1,仏語。衆生(しゅじょう)の苦しみを救う仏・菩薩(ぼさつ)の大きな慈悲。「大慈大悲」。
2,「大悲菩薩」「大悲観音」の略。
(参照:コトバンク。https://kotobank.jp/)

観音像が無数に

そして岩に穴が掘られており、その中にも観音像が。
この穴、5mくらいの高さにあり、到底登れません!
どうやって穴あけたんだろう・・・

観音堂のまわりには、観音像が無数に。不思議な雰囲気を醸し出しています。

静かにほほ笑む観音様、癒されますね。
心静まる空間が広がっています。

謎の廃墟

あとは、この謎の建物と、廃墟感。
貯水タンク?でしょうか。

昔使われていたのかな~。墟好きにはたまらんです!
石門のお隣「稲荷七明神」付近には、アジサイも咲いていました。

円通寺前には、のどかな田舎の風景が広がります。

駐車場も目の前にあるため、気軽に立ち寄れるのが嬉しいです。

菊池市に立ち寄られた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

円通寺
所在地/〒869-1201 菊池市旭志弁利100
駐車場/あり(無料)
円通寺(熊本県)へのアクセス
 熊本空港から車で35分
 JR熊本駅より車で約60分
 九州自動車道植木ICより車で約30分、
 熊本ICより車で45分