孔子堂跡

室町時代の文明4年(1472)、21代菊池重朝が家臣隈部忠直信とともに孔子と門人十哲の像を祀る孔子廟(聖堂)を建て、家臣に学問を奨め、儒学を広めました。

同9年には孔子を祭る“釈奠の礼”が行われています。

市老人福祉センター敷地内に「孔子堂趾」の碑が立てられています。

孔子堂跡
孔子堂跡
このページを印刷
2009/11/27 21:04 [ 7826hit ] 
↓↓↓こちらもおススメ、菊池にキナッセ↓↓↓

通年通して、菊池を楽しめるプラン