相生橋[藤輪橋](あいおい/ぶじのわ)

所在地:菊池市亘
長さ:9.8m
幅:5.0m
高さ:4.5m

 

菊池郡誌に「河原村より隈府町に通ずる大津往還中、菊池川に架する大石橋あり、これを相生橋と称し、俗に藤田めがね橋という。この橋は文政九年成就せり。時の庄屋は石渕七郎左衛門で、石工の棟梁は備前の勘五郎なる。その長さ五十余間、中に五つ水門あり」と。

 

菊池川の中州を挟んで川が分岐している地点でここに五連のアーチ橋が架けられていた。この橋は何度も架け替えられた記録がある。昭和5年に現在の鉄橋となり、石橋アーチは真ん中一個残すのみとなった。

相生橋[藤輪橋](あいおい/ぶじのわ)
相生橋[藤輪橋](あいおい/ぶじのわ)
相生橋[藤輪橋](あいおい/ぶじのわ)
相生橋[藤輪橋](あいおい/ぶじのわ)
相生橋[藤輪橋](あいおい/ぶじのわ)
相生橋[藤輪橋](あいおい/ぶじのわ)
このページを印刷
2010/6/10 15:03 [ 7194hit ] 
↓↓↓こちらもおススメ、菊池にキナッセ↓↓↓

通年通して、菊池を楽しめるプラン