虎口橋(こく)

所在地:菊池市龍門 虎口
長さ:215.3m
幅:4.25m
径間:15.9m
高さ:10.0m

 

虎口と長野を結ぶ迫間川の清流に架かる単一アーチの石橋。

 

嘉永3(1850)年、服部篤右衛門が深川手永惣庄屋に任じられた年に竣工している。庄屋の本田十左衛門も土木・殖産に意を注いだようである。これら架橋の功労者一同の名前が架橋記念碑に刻まれている。

 

石工として仙右衛門、伊助、幸兵衛と3名の名前がでている。仙右衛門は地元の虎口神社の玉垣を造った石工か。伊助は迫間橋を掛けており、幸兵衛は輪足(わたる)の立山氏の先祖である。

虎口橋(こく)
虎口橋(こく)
このページを印刷
2010/6/10 15:01 [ 5726hit ] 
↓↓↓こちらもおススメ、菊池にキナッセ↓↓↓

通年通して、菊池を楽しめるプラン