永山橋

県指定文化財<建造物>指定日:平成6年3月16日

この橋は、熊本~菊池~小国を結ぶ小国往還の菊池川に架けられた。
最短コースの交通の要路で、交易上重要な橋であった。

下河原村庄屋 忠兵衛『永代記録』によれば、文政6(1823)年冬、備前国河津村の石工 勘五郎(のち小板姓)の手によって竣工したが、文政12年5月の洪水で流失している。
流失した旧橋の代わりとして、130m程上流に架け替えられたのが、現永山橋(石造単一アーチ橋)で、明治11(1878)年に完工している。

石工棟梁は種山村(現八代市東陽町)石工 橋本勘五郎である。
使用の石材は近くの山、上崩迫より切り出されている。
橋の特徴である丸型の欄干は名工勘五郎の手法がよく見られる。

長さ61m、幅4.6m、高さ17mで、輪石は45枚あり、架橋当時、そのままの形が残っている。学術的にも非常に価値が高いといわれる。

永山橋
永山橋
このページを印刷
2010/1/18 14:56 [ 11022hit ] 
↓↓↓こちらもおススメ、菊池にキナッセ↓↓↓

通年通して、菊池を楽しめるプラン